​DoUBLE

CIRCLE

​TOKYO

 

​会社概要

​ ダブルサークルはビデオコンテンツを制作する東京にある会社です。

​ 2020年に国籍の違う二人のカメラマンによって設立されました。非常に若い会社ですが、設立者には二人ともそれぞれのフィールドで20年以上の映像制作のキャリアがあります。今まで、日本国内だけでなく海外に向けた作品も撮影してきました。

 

 私達は全ての物事に語られるべきストーリーがあると思っています。それが場所であれ、個人であれ、会社であれ、物であれ、それぞれが持つユニークなストーリーを語るためには、フォーマット化された手法では十分でないと考えています。一つ一つのストーリーにあった語り口を丁寧に考え、撮影してゆくのが私達のスタイルです。

​ 様々なストーリーをユニークな語り口と、インターナショナルな映像クオリティーで制作できるのが、私達ダブルサークルです。

 

​サービス内容

​動画制作

 

​ポートフォリオ

 

​メンバー

​ミヤヅ ススム

 

​   プロデューサー/カメラマン

 ロンドンフィルムスクールにて撮影を学ぶ。卒業後、イギリスとドイツにて撮影助手として活動。日本帰国後も撮影助手として、CM、映画、ミュージックビデオなどに参加。2013年にカメラマンとして独立。国内有名アーティストのミュージックビデオ、コマーシャル、映画、ライブ撮影、ドキュメンタリーなどの撮影を手がける。また、豊富な海外経験を生かして、多くの海外作品の撮影にも参加している。

 海外からの撮影依頼をきっかけにドキュメンタリーなどの作品をプロデュースをすることとなり、ダブルサークル東京を設立。

 

 

​ファイヒト ユスティーナ

 

プロデューサー/ エディター

          カメラマン

 2001年にドイツで映像制作過程を修了。撮影助手を経験したのち、カメラマンとなる。TVや映画の長編ドキュメンタリーを数多く撮影し、今まで撮影した国は30カ国を超える。

 ドキュメンタリー以外にも、コーポレート映像、アートビデオ、ミュージックビデオなども撮影している。

​ 社内では編集も担当しているユスティーナは、アートやデザイン、伝統的なクラフトにも造詣が深い。

​ また、4ヶ国語を操る語学力の持ち主。

​クライアント